カテゴリー「流山市の話題」の13件の記事

2015.01.10

ついに流山有料道路も無料化へ

ワタシ、このブログで、今からかなり以前(2007年10月)に

今日から無料の松戸野田有料道路

って記事を書きました。

その記事の中で、松戸野田有料道路より流山有料道路こそ、早く無料化できないもんかと書き、皆様からも賛同のコメントいただいていました。

その流山有料道路ですが、千葉日報によると、どうやら4月から無料化されるようです。

記事を要約すれば
・日本一短いことで知られる「流山有料道路」(全長500m)が4月から無料化。
・周辺地域の開発などで通行量が想定を上回り建設費の償還が早く終了した。
・予定より7年も早い無料化。
・元々は流山IC自体が、地元からの要望で設置されたもの。一般道路への接続道路が必要なため、県が通行料で建設費を賄う形で整備し、1992年に県道路公社が管理する有料道路としてスタート。

ということになっています。

ワタシ、初めてこの流山ICを利用したとき、常磐道の通行料金とともに流山有料道路の通行料もいっしょに徴収いたしますって表記を見ましたが、その流山有料道路ってどこにあるのかと思いました。
そんなの、まさかICへの取り付け道路が有料道路なんて思ってもいませんでしたもん。

まあ、思わぬ誤解を招きそうな有料道路がいよいよ無くなるということで、あの独特の「何か損した気分」を味わうことも無くなりますが、ちょっと寂しい気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.15

おおたかの森SC フロントツリー植え替え?

昨夏の猛暑でダメージ受けて枯死寸前状態だった流山おおたかの森SCのフロントツリー(ケヤキの木です)に動きがありました。Hi361126

この画像のとおり、フェンスで囲まれたうえに、樹木直下のタイルが剥がされて、搬出直前のような状態になっています。フェンスの掲示には「フロントツリー植え替え工事」という表記がなされています。

もったいないというか可哀想に思いますが、仕方ないですね。いろいろと延命対策を講じておられたことも聞いていますし、そこまでされたうえで植え替えを決断されたということですから。

2代目もケヤキでしょうか?フロントツリーという名称にふさわしい「見栄えのする樹木」であっては欲しいですが、それよりまず今度は枯死するような事態は避けたいですね。木が可哀想です。

2枚目の画像は、昨年3月の開業直前に撮った「初代フロントツリー」です。Hi3600951_2

そういえばいつの間にかアクセス数累計が90000を越していますね。ありがとうございます。今から100000人目の方に贈るプレゼントを考えておきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.09.25

TX駅前バス停のシェルター

以前にTX柏の葉キャンパス駅前バスターミナルで設置工事されている「バス停の上屋(シェルター)」について、あーだこーだと書きましたが、駅出入り口前のシェルター工事がほぼ完成するにあたって、全貌が見えてきました。Hi3605882

画像でお判りのように、駅出入り口の真ん前にあたる乗り場のシェルターも、他の乗り場同様の単独型シェルターであり、駅からバス乗り場およびららぽーと柏の葉までカサを差さずに行けるということはなくなりました。特に画像手前の乗り場は身障者用であるため、せめて駅からここまででも連続式シェルターで覆ってあげてほしいと思ったのですが。

2枚目の画像は、ららぽーと柏の葉からバスターミナル直前まで張り出している雨よけから、新設されたシェルターを見たところです。カサ、要ります。Hi3605892

気になったので、TXの隣駅である「流山おおたかの森」駅のシェルターを観察してみました。ここのバスターミナルには、柏の葉キャンパス駅と同じく、駅開業当初はシェルターが一切無かったのですが、キャンパス駅より一足早くシェルターが付けられました。

しかし残念なことに・・・バス停部分のシェルターは連続式と言っていいくらい長いもので、バスの車体の前後まで広範囲にお客を雨からさえぎる優れものなんですが、ここも駅出口からバスシェルターまでの、ほんの数メートルだけ雨よけがありません。Hi360545

おおたかの森駅前を発着するバス本数は、キャンパス駅のそれより、現状では大幅に少ないのです。にもかかわらず長いシェルターを設置することを決断された関係者には敬意を表します。そこまで実行された方でも、「境界」にあたる部分を克服するのは難しかったのですかね。

双方の駅で「第二期工事」が起工されることを望みます。特に身障者用車両乗り場に絡んだ部分については。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007.09.18

おおたかの森コールドストーンクリーマリー

流山おおたかの森SC内にあるコールドストーンクリーマリーに初めて行きました。Hi360559

前からいっぺん食べてみたい(というか購入してみたい)と思っていたのですが、幸か不幸かウチの娘が欲しがりましたので、それをダシに行きました。

このコールドストーンクリーマリーをまったく御存知ない方のために、特徴だけ記しておきます。

・アイスクリーム屋さんです。

・クリームとトッピングを、冷えた大理石の上で練って作ります。

・石の上で練るとき、店員さんが声をそろえて唄を唄います。

流山SC店の場合は、唄はリクエストさえすれば、特に注文品に制限なく唄ってもらえるようです。ウチの娘のクリームのときも、お姉さん方に盛大に唄ってもらいました。ええ、娘は喜んでましたよ。

下の画像は、娘が注文した「チョコレートデヴォーション Like It ワッフルコーン」です。写真撮ろうとしたけど、待ちきれずかき混ぜてしまいやがった(笑)Hi360583

なお、プロレス好きなワタシは、最初このお店の名称を聞いたとき、「ストーンコールド スティーブ オースチン」と関係のある所だと思い込んでました。WHAT?

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.09.10

流山おおたかの森駅近況

いつか誰かが書くだろうと思っていたのですが、なかなかアップされませんので紹介します。Hi360543

これ、TX流山おおたかの森駅の上り線(秋葉原方面行き)ホームに以前から取り付けられている表示です。

「おおたか」ではなく「はと」が駅構内に侵入している模様です。ワタシは目撃したことありませんが。

あえて言うなら、もう少し間接的な表現ができなかったのかなあ。たとえば「ハトの落し物にご注意ください」とか。「糞害」なんて書いたら、ホント汚そうです。ちなみに実際この駅のホームはハトの糞で汚れているなんてことはありません。

あと、この表示のある場所から見える「流山おおたかの森ショッピングセンター」の近況画像も添付します。Hi360544

これってケヤキの木なんですか?猛暑がたたったのか、それとも元々植えつけた場所が悪かったのか、葉の色が変わって・・・枯れてます。

せっかくの美しい玄関口が、残念です。このSCの外観は先鋭的なデザインと、植樹された樹木が調和して美しいのですが、いちばん目立つところの樹木が枯れてしまうというのは、管理者側も想定外だったでしょう。早急に植え替えるほうがいいのか、まだ完全に枯れていないうちは延命処置をはかるのか、判断が難しいところです。いずれにしても美しい外観を今後とも維持してほしいところです。

街づくりって難しいんですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.08.31

おおたかの森フードメゾンの売り場改廃

ららぽーと柏の葉でテナント営業終了があった一方、以前に「苦戦」と日経に出ていた「流山おおたかの森SC タカシマヤフードメゾン」にも売り場変更がありました。Hi360513_2

フードメゾン内の「フローリストMIZUKA(お花屋さん)」と「健康食品コーナー」が8月21日限りで無くなってしまいました。あわせてフロアレイアウトも変更されました。

不採算部門の見直しをはかったのでしょうか?

無くなったコーナーがあった場所って、駅から一番遠いところ。ただし「駐輪場口」という出入り口から入ったすぐのところで、周辺のマンションが完成したら、そこそこヒトの出入りが期待できた場所でした。まあ現状では人導線が厳しいところであったことは間違いないでしょう。

ここで苦言。

フードメゾンには全部で5つの入り口があります。それらは「駐輪場口」「エレベーターホール口」という外部との直接の出入り口と、SC内の出入り口である「駐車場口」「中央口」「フォション口」の計5つであり、フードメゾン公式HPには5つとも記載されています。

なのに「おおたかの森SCのフロアガイド」には、この「駐輪場口」と「エレベーターホール口」の記載がありません。フードメゾンの構内だからと記載しなかったのでしょうか?SCを管理する立場から見れば、そういう企業同士の「境界」があるのかもしれませんが、お客の立場からみれば不親切なことです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.07.25

おおたかの森フードメゾン 苦戦?

ちょっとイヤな、というかやっぱり・・・という記事が日経ナビに出ました。Hi360106

内容を要約すると、要は高島屋が流山おおたかの森SCに出店した「タカシマヤフードメゾン」の客足が、5月の連休以降に落ちて、それまでは同じSC内のイトーヨーカドーの売上高を上回っていたのが逆転された・・・ということです。

肝心の記事が消されてしまったので、ここで全容をお知らせすることができないのですが、その記事中では武蔵村山の三越については悲観的な見解が書いてあったものの、フードメゾンについてはそこまで書かれていませんでした。

そもそもフードメゾンは食料品専門店、つまりデパ地下ですから、デパートの食料品以外のフロアにも寄ろうって思っておられるお客は、柏駅前か東京都心へ出られます。また流山おおたかの森駅周辺に開発中の大規模マンションへの入居は始まっていません。さらにフードメゾンの営業時間は、都内へ通勤している方々が、帰りに野田線に乗り換える前にちょっと寄って行こうとするには、閉店時間が早い。

つまりフードメゾンは最初から現状くらいの客足を見込んでいたのではないでしょうか。高島屋としても、フードメゾンを柏店の出張所のように捉えているでしょうから、柏店+フードメゾンで予算通りの売上があればそれでよしと考えているのではないかな?

ただ・・・開業直後の喧騒を知っているからこそ、現在の平日の客足は残念です。閉店間際のタイムセールのときだけ賑わうという姿はちょっと寂しい。なんせ「売ってるモノは高価」ですから、周辺の住民の方々は、せっかくいいSCが出来たのに、結局は以前から周囲にあった店に買いに行っておられます。そもそも1丁700円のお豆腐って、どれくらい売れてるの?

日経ナビの記事に書かれいた「SC内の百貨店は難しい」という結論をここに当てはめるかどうかの考察には、もう少し時間が欲しいところです。

フードメゾンより、マジで心配なのはその他の一般テナントです。平日は本当にお客が入ってないテナントがある。隣のららぽーと柏の葉も同じ現象が見られます。1年経ったあたりからテナントの入れ替え始まるんでしょうね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007.04.24

TX流山おおたかの森 朝の通勤風景

2007年4月のつくばエクスプレス 朝の通勤風景です。Hi360048_1

朝7時45分の「流山おおたかの森」駅、秋葉原方面行きのホームの様子です。(柏の葉キャンパス駅についてはこちらをご覧ください)

手前の部分が階段だから、こうやって人々が並んでいる様子が判るのであって、本当はもっと人は多いです。

その階段を上がりきった場所から、上の画像のアングルから180度反対側を撮ったのが次の画像です。Hi360127

この「流山おおたかの森」駅は東武野田線との乗換駅(一部のネット記事で、この駅をTXと野田線の「ターミナル」って書いてる人がいますが、ちょっとおかしいですね。日本の鉄道駅のターミナルは主として起終点駅のことを指します。そもそもターミナルって端末という意味ですから。この駅はターミナルというよりジャンクションという言葉がふさわしい)なので、野田線の列車が発着するたびに、お客の波が来ます。3番線に並んでいるお客の最後部は背後の4番線にまで達しています。また女性専用車両の乗り場の混雑はもっとヒドいです。

で、これらの画像から、この「つくばエクスプレス」を「混んでいる電車」と判断されるかどうかなんですが、それは皆様の主観におまかせします。普段通勤通学にどんな手段を使っておられるか、鉄道ならどの路線を使っておられるかで、人それぞれ感じ方が異なりますから。

ワタシの主観だけで話させていただくなら、今まで首都圏でワタシが通勤に利用した路線の中で、つくばエクスプレスは「最も速くて、最も空いている電車」でしたが、今月以降は、その中の「最も空いている」という表現が当てはまらなくなりました。

快速、区間快速で座れるなんて夢のまた夢、今月からは普通列車でさえも、柏の葉キャンパスから確実に座れるってことはなくなりました。どうしても座って通勤したい方は守谷に住まわれることをお勧めします。

PS.流山おおたかの森周辺の情報については、こちらのブログ(おおたかの森と流山カナル物語)についてもご参照ください。流山在住のマダムが作っておられます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007.03.17

おおたかの森SC 広告

TX(つくばエクスプレス)柏の葉キャンパス駅構内の広告です。

Hi360116 そうそう、こうでなくちゃ!ららぽーと柏の葉のお膝元だからって遠慮してちゃいけませんからね。

沿線住民の方々は、ちゃんとうまく使い分けし始めてますよ。これを買うときはららぽ、これならおおたかというふうに。

ついでにTX車内の中吊り広告も載せておきます。Hi360107_1

これらの広告、 なぜかグランドオープン直前になって目立ちはじめました。できることならオープン2週間前あたりから出すほうが効果あると思えるのですが、予算とかいろいろと「諸事情」があったんでしょう。

さらについでに、昨年11月のららぽーと柏の葉開業時の広告も載せておきます。

Hi360311_2

車内中吊りはもちろんのこと、東武柏駅やTX秋葉原構内にも大規模なのが出ていましたね。

TX秋葉原駅構内のも載せますが、現在では、この広告がかかっている2本の柱の中間に見えている、エレベータ前の「柵」の部分に自動改札機が新設されています。ということは、もう「懐かしい風景」になってしまったわけです。

Hi360313_1TXにまつわる風景なんて、たった1年、2年でどんどん変わっていってます。いつのまにかマンションが建った、いつのまにかお店ができた・・・と。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.03.15

おおたかの森SC みみくりん

「通います」って言ってましたが、言葉通り行って来ました。

Ca270154  みみくりんは「きれいな耳、増やします。耳セレブ計画」ってキャッチフレーズの耳かき専門店です。イヤースコープ使ってます。おおたかの森SC店が千葉県内初出店です。コースは10分のクイックコース、20分のリラックスコース、30分のみみくりんコースの3種ありました。

で、ワタシ、予約もせずいきなり受付へとびこんだら、1時間弱待つことになるもののOKですということで予約。コースは当面の間は20分のリラックスコースのみにさせてもらってるとのこと。指定された時間の5分前に再び入店。すでに「本日の受付はすべて終了・・・」の表示が。ギリギリだったワケです。

Ca270155 リラックスコース20分の内訳はイヤースコープ→耳かき→耳の掃除→耳ツボマッサージ。

施術してくれるのは、うら若きおねえさまです。まずイヤースコープで耳の中を写しながら、プラスチックの耳かきで耳内おそうじ。目の前のモニターに、ワタシの耳の中が映し出されます。映し出された画像内容の詳細は・・・ここでは説明を差し控えさせていただきます。

次に竹製のおなじみの耳かきでおそうじ。これで耳垢は完全に摘出。

次に湿らせた大き目の綿棒で耳たぶのおそうじ。

で、最後に耳ツボのマッサージ。いやー、これが気持ちよかったぁ。おねえさまに「耳のあたりがほんのり熱くなりましたか?」って尋ねられたけど、うんうん熱くなった、熱くなった。アタマの両サイドをけっこうな力で押されているのに、ついウトウトしそうでした。で、お耳もアタマもスッキリしたところでお時間となりました。

感想?うん、また行きます。特にダンナに耳そうじしてもらえる機会などあまりないと思われるミセスの方におすすめします。

逆に、いつもひざまくらでダンナの耳そうじしているミセスの方へ。一度、1回あたり千円ほど請求してみたら?(笑)

| | コメント (9) | トラックバック (1)